イタリアンタイ傘下のオニキス・ホスピタリティ・グループはパタヤでホテル開発

イタリアンタイ・インダストリアルグループ傘下でホテル運営を
行うオニキス・ホスピタリティ・グループONYX Hospitality 
Groupは、タイ東南部パタヤの不動産に1億USドル投資し”OZOホテル”
(406室)を開設予定です。

同社では北パタヤの象徴的なホテルを再開発するため
過去にGarden Wing of Amari Pattayaがあった場所に
Amariの新しいプレミアムオールスイートホテルを建設します。
加えて20階建てアマリパタヤ・オーシャンタワーと周辺施設の
大規模改装を行います。

ノース・パタヤの新ランドマークとして2019年初頭に
完成予定です。
最終的には3つのホテル(752室)となり、最先端のボールルーム、
幅広いレクリエーション施設とレストラン、プールエリア、
庭園などが完成します。

大型ショッピングモールのTerminal21パタヤにも近接しており、
アマリパタヤ45周年目を迎えるにあたり同プロジェクトは
アマリブランドのフラッグシップ宿泊施設となる予定です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。