タイのトゥルーフィットネスの破綻問題に関連し、業界ルール提案

国際的な大手フィットネスクラブ運営企業のヴァージン・アクティブ
Virgin Active社は、タイのジム&フィットネス業界は監督行動規範を
打ち出し、特に12ヶ月以上(1年以上)の期間を持つ契約を禁止しよう
と提案しています。

長期契約を結ぶ会員は、初回にまとめて料金を払うことで割引されますが
運営・施設側は一時的なキャッシュは入るものの
メンテナンス料、人件費などの費用が掛かるため、
それを計算できずに破たんするケースが増えているためとしています。

ヴァージン・アクティブ社では年内に同業他社、
ジム&フィットネス団体運営者に提案書を出す予定であるとしています。

ヴァージン・アクティブ社は南アフリカの投資会社Brait社が
2015年に700億バーツで80%の株式を購入しています。
同社は2014年からタイに進出し、2017年6月時点でエムクオーティエ、
エンパイアタワー、セントラルウェストゲート、セントラルイーストヴィレ、
サイアムディスカバリーなどタイに5つのフィットネスクラブがあり、
今後5年間で15店舗をオープンする計画です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。