マレーシアの複合財閥、クオック・グループ、企業解説

クオック・グループはマレーシアの大富豪、ロバート・クオック
(Robert Kuok Hock Nien)氏が率いる複合財閥です。
マレーシアのクオック・グループ、香港のケリー・プロパティーズ
などを経営しています。
主に農園・食品・不動産の中核企業を持っています。

・マレーシア証券取引所(BURSA)に上場させている主な企業
PPB Group(PPB)PPBグループ:製糖事業
→2009年にマレーシアの精糖企業である同社グループを売却

・シンガポール証券取引所(SGX)に上場させている主な企業
Wilmar International(F34)ウィルマー・インターナショナル:
パームオイル 砂糖
Shangri-La Asia (S07)シャングリラ・アジア:ホテル経営
PACC Offshore Services Holdings(U6C)PACC
オフショアサービスホールディング:海上オフショア

香港ではKerry Property社、Kerry Logistics社の2社を
保有しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。