タイのインタッチホールディングス子会社、インベントはDigio社へ出資

インタッチホールディングスIntouch Holdings(INTOCH)の
子会社で、ベンチャーキャピタルのインベントInVent社は、
シリーズAで電子決済・支払のDigio (Thailand) Co社へ
投資を決定しました。

InVent社は今後メディア、通信、情報通信などへ投資を
進めていくとしています。
同社は”タイの持続可能な成長”をミッションに掲げています。

インタッチ社は子会社でmPAY電子決済を展開しています。
Digio社はInVent社が関心を高めた最初のfintech会社で、
モバイル決済や金融テクノロジー分野で強みを持ち、
タイのモバイルPOS(Point of Sale)技術の先駆者として
知られています。
タイをキャッシュレスな社会に変えるため、
タイ政府の全国電子決済政策に準拠しそれを支持しています。

Digio社への投資はInVent社ポートフォリオ11番目の会社です。
これまでの投資は国際的なバーチャルリアリティ広告会社、
Social Nation、飲食店ビジネスレビューポータルWongnai、
ゴルフコース予約プラットフォームGolfdigg、
モバイル初のエンゲージメントソリューションPlaybasisなどが
あります。

インタッチホールディングス(INTOUCH)社は、傘下に携帯電話キャリアの
AIS、衛星通信事業のタイコム(THCOM)、インターネット通信、
CSロックスインフォ(CSL)などがあります。
2016年度業績は売上286億70万バーツ、純利益163億9700万バーツでした。