タイの上場企業、イースタン・ポリマーグループは17年~18年事業計画を発表

タイの上場企業、イースタン・ポリマーグループEastern Polymer 
Group(EPG)はポリマー製品、プラスチック製品生産企業で、
自動車部品、食品・飲料容器、プラスチック部品、ゴム製の断熱材、
ラバーパイプ、合成ゴム、プラスチックシート、エアロダクト等を
製造しています。

EPPブランドで食品・飲料容器ブランド、Aeroflexブランドで
ゴム断熱素材、Aeroklasブランドで自動車部品および付属品事業を
展開しています。
同社では2017年~18年の事業計画を発表し、前年比10%増を目指す
としています。

イースタン・ポリマーグループ(EPG)は1978年に設立、
本社がサムットプラカーン県、従業員規模は2700名となっています。
2016年度業績は売上92億8000万バーツ、
純利益13億8000万バーツでした。

イースタン・ポリマーグループ(EPG)の断熱事業はアジア諸国、
特にベトナム、日本と中国に焦点を当てています。
同社製品は工場、デパート、病院、倉庫など大型建設物に
納入しています。

自動車部品のAeroklasブランドは、アジア、オーストラリア、中東、
アフリカ、東欧の市場に拡大しながら徐々に生産能力を増加しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。