タイの空運事業を手掛けるトリプルアイ・ロジスティクスが新規上場予定

空運事業を手掛けるトリプルアイ・ロジスティクス
Triple i Logistics(未上場)はタイ証券取引所
(SET)へ新規上場を検討しています。
総株式の27%を放出し、証券コードはIIIとなる予定です。
調達資金は事業拡大と運転資金へ回すとしています。

ファイナンシャルアドバイザーにはマレーシア系
CIMB Thai Bank(CIMBT)が入り、サービスセクターの
運輸・輸送部門に上場する予定です。
同業大手にはタイ国際航空(THAI)、タイ空港公社(AOT)
などがあります。

CEOのTipp Dalal氏は、調達した資金で国内用輸送事業、
倉庫事業、空港からの空輸事業、海上輸送事業などへ投資すると
述べています。
トリプルアイ・ロジスティクス社は4つの主要事業があり、
航空運輸、海上輸送、国内輸送、化学品輸送で展開してきました。

同社の2016年度業績は売上20億バーツ、純利益9450万バーツでした。
同社売上構成のうち空輸サービスが68%を占めています。
そのほかには化学品輸送21%、ロジスティクスマネジメント5%でした。
メインのクライアントとしてタイ・エアアジアがあります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。