消火器系設備大手のファイアートレードがタイ証券取引所(SET)に新規上場

ファイアー・トレードエンジニアリングFire Trade Engineering
(FTE)社は、2017年7月にタイ証券取引所(SET)に新規上場します。
同社は消火器系設備、消火システムなどの設備輸入、卸売、
コンサルティング、デザイン、設置サービスなどを手掛けています。

調達した資金で事業拡大と新しい倉庫の建設、債務返済などを進めます。
また、チェンマイ、ラヨーン、プーケットなどへ販売オフィスを設立する
計画です。
代表取締役Taksin Tantiphaichit氏は1億5000万株を放出予定です。

タイでは火事が多く、2017年2月にもバンコクのラマ4世通りにある
タイ-ベルギー橋下でゴミ箱から出火した火事で陸橋の鉄骨部分が
曲がり、橋を通行止めにする事態が発生しました。

タイ国内では今後、高層ビル、大型施設など15,000~20,000カ所で
新しい消火設備、防火設備が必要になるとされています。
新しい建設管理法Building Control Actでは火災予防機器の
設置を義務付けています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。