タイのリゾート地、プーケットでは違法ホテルが増加傾向

タイのリゾート地として有名なプーケットでは
毎年500万~600万人の海外旅行者を誘致していますが、
無許可のホテルが増加しているとしています。

ホスピタリティ・コンサルティンググループ、
C9 Hotelworksのレポートによると、
プーケットで確認されている1,724箇所のホテルの中で
許可を受けているものは4分の1以下の429箇所でした。

プーケット県のChokchai Dejamornthan県知事は違法ホテル
排除を宣言し、2017年1月末を期限としていましたが、
違法ホテルの状況は変わらないとしています。

C9 Hotelworksの分析によれば、現在プーケット島内で
33のホテルプロジェクトが開発中で5,738の客室が追加される
予定です。
シェラトン、JWマリオット、ベストウエスタン、
インターコンチネンタル、パークハイアット、ケンピンスキー、
ラマダ、ローズウッドなどのグローバルブランドがあります。

プーケットの当局は、数多くの新しいホテルが市場に
投入されることで、規制プロセスが厳格で効果的であることを
保証することが義務づけられています。
同時に、ホテル業界への民間部門の投資は、公共部門を先取りして
競争しています。
また、民間企業がホテルを増築している一方で、
タイ政府が資金提供するインフラ事業は観光業の恩恵を
受けていないとしています。

プーケット国際空港におけるロシアからの海外観光旅行者は
2017年1月~5月まで前年比+17%増、中国本土からの観光旅行者は
8%上昇しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。