タイの天然ゴム大手、スリトラン・アグロ・インダストリーはシェア20%を目指す

天然ゴム生産の大手企業、スリトラン・アグロ・インダストリー
Sri Trang Agro Industry(STA)社では、今後5年で
世界の天然ゴム市場20%シェアを目指したい考えです。
同社では新興国でのゴム需要が高まるとしています。

世界市場における主要ゴム生産国はインドネシア、ベトナム、
インドが有名ですが、タイも同じく主要なゴムサプライヤーです。
2017年6月、7月と、ゴムの価格は下落していますが、
天然ゴム市場は年間+3%成長が見込まれています。

世界の天然ゴム生産量は年間1,200万トン、スリトラン・アグロ・
インダストリー(STA)社は世界市場で12%シェアを保有しています。
同社はタイと周辺国で33の天然ゴム工場と4つの医療ゴム手袋工場
を持っています。

ゴム価格は石油価格急騰による需要の高まりから過去最高を記録した
2011年の1キロ当たり148バーツから、2017年2月に一時急騰しましたが、
その後、下落が進んでいます。

スリトラン・アグロ・インダストリー(STA)社の2016年度業績は
売上772億6600万バーツ、純利益-7億4900万バーツでした。
同社経営幹部は資本金増資を決定し、2億5600万株の新規株式を
発行します。
合計資本金は12.8億バーツから15.4億バーツとなります。