シンガポールのケッペル社は17年第2四半期も赤字

シンガポール証券取引所(SGX)上場のオフショア・建設・
エンジニアリング大手、ケッペル・コーポレーション
Keppel Corporation Ltd(BN4)社は、
オフショア海洋業界の継続的な低迷による影響で
2017年第2四半期の利益は22.1%減、1億6030万Sドル
であったと報告しました。
第2四半期売上は15億5000万Sドル、前年同期比4.4%減でした。

オフショアと海洋部門からの売上は38%減で
4億4900万Sドルでした。
不動産部門からの売上は16%増加で5億4200万Sドルでした。
インフラ部門も29%増で5億2100万Sドルとなっています。

2017年上半期の売上は28億Sドル、前年比16%減、純利益は1%増、
4億2060万Sドルでした。
同社は複合ビジネス企業としての弾力性があるため、
オフショア海洋部門からの売上が落ち込んでも業績は安定的と
しています。

ケッペル・コーポレーションKeppel Corporation Ltd(BN4)社は
オフショア&海運、船舶製造・修理、環境エンジニアリング、
不動産開発、輸送、データセンター、不動産投資信託などを幅広く
手掛けています。
同社グループ内のKrisEnergy Limited、M1 Limited k1 Ventures
Ltdなどへ出資しています。
2016年度業績は売上34%減、67億Sドル、純利益48%減、
7億8393万Sドルでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。