タイ国内民間企業の新規工場許可証申請数は4.4%増

タイ工業省では、国内民間企業の新規工場許可証申請数は
17年7月+4.4%増であったと発表しています。
タイ国内景気の回復と同時にタイ東部経済回廊の開発期待
から新規進出も件数を伸ばしたとしています。

工場ライセンスの一つである404ライセンス(Ror Ngor4)は
新規投資額合計399億バーツで認可されています。
前年の2016年7月では333認可数、合計250億バーツでした。
最も多かった事業認可は食品・食品加工工場でした。

2017年度後期も順調に回復トレンドが続くと見られていて、
タイ政府の主導する東部経済回廊の開発プロジェクト、
景気刺激策などでさらに増加していくと期待されています。

2017年1月~7月の認可件数は前年比11.3%増で2,883件でした。
総合計投資額は2590億バーツでした。
新規投資で生まれた雇用数は12万2917名です。
年の後半には消費・購買意欲の高まり、経済拡大が
期待されています。

タイ政府とタイ投資委員会ではS字カーブ理論における
10の次世代新規産業への投資を呼び掛けていて、次世代カー、
スマートエレクトロニクス、医療、農業・バイオ、食品、
ロボティクス、物流、バイオ燃料、デジタル、医療機器などへ
事業恩典を与える計画です。
まだ詳細は未公表ですが、タイの大手グループ企業3社が
東部経済回廊への大規模な投資を計画中であるとしています。