フィリピンの財閥、GTキャピタル・ホールディングスは住商モーターから株式取得

フィリピンの財閥、GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)は
住商モーターファイナンスSumisho Motor Finance 
Corporation(SMFC)の株式を20%取得することを発表しています。
貯蓄銀行Philippine Savings Bank(PSBank)などから取得します。
二輪ローン事業に参入することで、自社の顧客基盤を低所得者層に
まで広げるとしています。

GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)は銀行・不動産などを
手掛ける複合企業です。
フィリピン証券取引所(PSE)に上場しており、2016年度業績は
売上前年比44%増1998億ぺソ、純利益前年比20%増146億ペソでした。
不動産開発ではFederal Land社、Property Company of Friends社
などを保有します。

金融関係では2017年にフィリピン第2位の銀行メトロポリタン・バンク・
アンド・トラストMetropolitan Bank and Trust(MBT)の株式9.6%を
追加取得すると発表しました。
GTキャピタルの持ち株比率は36.09%になっています。
同銀行は様々な金融サービスを提供しています。
2016年末の総資産は1兆8760億ぺソ、純利益は180億ペソでした。