タイのパッケージ・プラスチック包装大手、TPBI社は台湾企業株式取得

タイのパッケージ・プラスチック包装大手企業、TPBI社は
台湾資本のMinima Technology社の株式25%を取得したと
TPBI社CEOであるSomsak Borrisuttanakul氏がコメント
しました。

取得金額はおよそ2億バーツです。
TPBI社の子会社TPBI International社がMinima Technology社
の新規株式を取得します。

同社では今後、プラスチックバッグ、ペーパーカップなど、
バイオ素材の高付加価値製品製造に関し優位性を持つことが
出来ると期待しています。
また、販売網として台湾、オーストラリア、アメリカ、
欧州展開も視野に入るとしています。

Minima Technology社は2000年設立、研究開発、
バイオ素材の包装材、食品容器開発を手掛けてきました。
環境負荷の低い製品開発を進めていて、台湾以外にもアメリカや
中国と取引があります。

TPBI社は1987年設立、同社名はThai Plastic Bag Industry社が
短縮されたもので、ビニール袋、ゴミ袋、買い物袋、
プラスチックバッグ、飼料用バッグなどを生産しています。
また、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなど
小売店向けに各種プラスチック包装、ビニール袋を
生産しています。

TPBI社は2016年にタイ証券取引所(SET)へIPOを実施しました。
2016年度業績は売上50億2400万バーツ、
純利益2億9400万バーツでした。