タイの不動産大手、APタイランドはAPインテリジェントリビングを導入

タイ不動産大手、APタイランドAP(Thailand)社では、
アプリケーションを利用した家電製品作動システムを
導入するとしています。
名称は「AP Intelligent Living」としています。

タイの不動産分野はサービス提供技術を未だITに
依存していない数少ない業界の1つです。
この分野でIT技術に重点を置いているのは、Hipflat、
Renthub、 DDProperty ThailandなどのWebサイトを
通じた不動産取引や資金調達プロセスの緩和などに関する
企業です。

今後はプロップテック(Proptech)と呼ばれる不動産IT技術が
広がり、家電の基本的な機能を実行したり、建物管理を行う際の
ユーザーエクスペリエンスを高めるなど、利便性を高めるIT技術を
提供する企業が増えていくと見られています。

タイの不動産企業アナンダ・デベロップメント(ANAN)では
ベンチャーキャピタル拠点アナンダ・アーバン・テック
(Ananda UrbanTech)を立ち上げ、資金調達と新興企業に
投資しました。

SCアセットコーポレーション(SC)ではプロップテックを
導入するため”SC Able”を立ち上げました。
住宅不動産販売後のアフターサービスを強化するためのもので、
スマートフォンアプリ”Fixzy”を利用して内装修理、
家電修理などの技術屋さんとホームオーナーを結びつけています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。