マレーシア上場のベビー用品・下着アパレル企業のアジア・ブランド、企業解説

マレーシアの上場企業、アジア・ブランド、Asia Brands
(ASIABRN)社はカジュアルウェア、下着、ベビーウェアなどの卸売り、
小売り、ディストリビューターです。

3つの事業部門があり、ベビー用品部門ではAnakku
(ベビー用食器、トイレタリー、アクセサリー)、Disney Baby
(アパレル、ベビー用容器)、MiniCare(バスタオル、タオル等)を
揃えています。
下着部門ではAudrey、Kawaii、Lilian等のブランドを展開、
カジュアルウェア部門ではAntioni、Bonttonなどのブランドを
若者向けへ販売しています。

2016年度業績は売上4%減1億6555万リンギ、
純利益-5849万リンギでした。
同社は監査人よりビジネスの不確実性や事業継続性に関して疑義を
提示されており、
同社は9か月以内に回答を出すことを表明しています。

アジア・ブランド(ASIABRN)社は1987年設立、
Audrey(M)Sdn社としてNg Tiong Seng氏とNg Tiong Leng氏、
台湾人パートナーと一緒に設立されました。
2003年からベビー用品の扱いを開始し、
マレーシアでも有数のベビー用品企業として成長しています。