シンガポールのウィンタイ・ホールディングスはマレーシア法人買収オファー

ウィンタイ・ホールディングスWing Tai Holdings(W05)は
投資持株会社で、子会社を通じ不動産投資、住宅不動産、
商業用不動産開発、織物製品・衣料品・アクセサリー・
建材製品の製造事業を展開しています。
また、不動産管理サービスやレストラン運営も手掛けています。

同社はシンガポール証券取引所(SGX)とマレーシア証券取引所
(BURSA)にそれぞれ上場しています。
展開国はシンガポール、マレーシア、香港、中国本土などです。
ブランドとしては、シンガポールでThe Tembusu、
Le Nouvel Ardmore、The Crestなど、マレーシアでは
Le Nouvel KLCC、Verticas Residensiなど、
中国ではThe Lakeview、Malaren Gardensなどがあります。

ウィンタイ・ホールディングスWing Tai(W05)
2016年度業績は売上が前年比-19%減、5億4500万Sドル、
純利益では-95%、708万Sドルでした。

ウィンタイ・マレーシアWing Tai Malaysia(WINGTM)では
小売り・不動産開発を手掛け、2016年度業績は売上前年比-12%、
2億7582万リンギ、純利益-85%、1000万リンギでした。

2017年8月よりシンガポール側のウィンタイ株式は一時的に
取引が中止されます。
同社が上場しているマレーシア株式の全てを取得するための
自主的な買収オファーを発表しました。