タイのインラック元首相が国外逃亡

タイのインラック・チナワット元首相が国外逃亡したと
報道されました。
2017年8月25日にタイ最高裁はインラック氏が在任中
実施したコメ買い上げ制度に関する裁判の判決公判を
予定していましたが、同氏が逃亡したことで判決は
延期されました。

タイ最高裁はインラック氏の逮捕状を発行し、保釈金を
没収したと発表しています。
同氏は政権時にコメ買い上げ制度によって国に多額の損失を
与えたとして職務怠慢の罪に問われていました。

インラック・チナワットYingluck Shinawatra氏はタクシン
元首相の妹で客家系華僑出身です。
(シナワット、シナワトラなどの表記もあり)
第36代首相でタイ史上初の女性首相として2011年~2014年
就任していました。
2014年反タクシン運動の盛り上がりの中、憲法裁判所が
下院総選挙無効の判決を下し、政治混乱が続き、
5月軍事クーデターが発生、その後はタイ国内で生活を
していました。

タクシン元首相は2008年北京オリンピックに出席するとして
出国しましたがタイへ帰国せず、ドバイ、シンガポール、
香港などで生活し事実上の亡命となっています。

今回のインラック氏逃亡も一度カンボジアへ入国した後、
プノンペンから違う国へ移動する計画とされています。
カンボジアのフン・セン氏とタクシン氏は懇意にしている
関係から、一部の役人と計画し出国ルートを確保したと
言われています。

2013年にはタクシン・チナワット元首相の義弟にあたる
ソムチャイ・ウォンサワット元首相の末娘のチャヤパ・
ウォンサワット氏が、カンボジアの国会議員シエン・ナム氏の
息子、リナル・ナム氏と結婚しています。

チャヤパ氏は、ソムチャイ元首相とタクシン氏の妹、
ヤオワパー・ウォンサワット元下院議員の末娘であり、
シエン・ナム氏は、シェムリアップでホテルなどを経営する
実業家で、カンボジアのフン・セン首相の側近と言われています。