タイ政府は2017年第2四半期のGDP成長率を発表、+3.7%で好調

タイ政府が発表した2017年4月~6月までの国内総生産の
伸び率は、農業分野や輸出が好調であったことにより、
前年同期比+3.7%となりました。

タイの主力産業の一つである農業分野が好調だったことに加え、
自動車部品を中心に輸出も伸びたことが主な要因でした。
2017年に入り経済は上向き傾向となっています。

タイ経済は2016年10月にプミポン前国王死去後、
国全体が服喪期間に入り、個人消費の伸び悩みなどの影響が
出ていましたが、徐々に回復基調に入り不動産、自動車などが
好調に推移しています。

2017年通年の見通しは+0.2%上方修正して、+3.5~4.0%成長と
予想しています。
その他、発表された関連統計数値では、人口6886万‎(2016年)、
1人当たりGDPが5,907USドル(2016年)となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。