バンコクのプラカノン地区、オンヌット地区で不動産需要と賃料上昇

タイの不動産大手、サンシリ(SIRI)の子会社で
不動産管理・仲介企業のプラス・プロパティ
Plus Property社は、バンコク都内のプラカノン地区、
オンヌット地区において住居・コンドミニアムを探している
外国人の需要が増加・拡大していることをコメントしています。

同エリア賃貸料は2017年上半期に前年比10%上昇しました。
トンロー地区、エカマイ地区よりも高い上昇率でした。

プラカノン地区、オンヌット地区は高架鉄道BTSを利用して
中心部へアクセスしやすく、バンコクの渋滞回避策がとれる
住みやすいエリアとして認知されています。
そのため、コンドミニアム市場でもリセール分野で
1ベッドルームが2012年(5年前)の発売価格より+24%高く
販売されています。

プラカノン地区、オンヌット地区は特にタイで働く外国人、
駐在員の間で需要が高まっています。
同社仲介では2017年上半期、分譲マンションの70%が外国人に
賃貸され、2012年の56%と比較しても増加を続けています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。