タイビバレッジ子会社、TCCテクノロジーはデータセンター国際基準取得

タイの酒造大手、タイビバレッジグループの子会社で、
情報通信サービス事業を展開するTCCテクノロジー
T.C.C. Technology社(未上場)は、2017年8月に
タイで初のデータセンター国際専門基準取得をしたと
発表しました。

同社は2016年に日本のインターネットイニシアティブ
(IIJ)と共にタイ国内におけるクラウドサービス提供に
向けて合弁会社を設立しています。

今回、同社はデータセンターの設計、建設、運用維持のための
Tier Standards&Certificationsを管理する独立機関、
Uptime Instituteによってオペレーションスペシャリスト
(AOS)の認定を受けました。

AOS認証はデータセンターの能力と企業の専門家としての
能力信頼度、ビジネスをより効率的にするための重要設備運用
などが確認されます。

この認証取得により、TCCテクノロジー社はタイ大手企業を
はじめ、国際的多国籍企業に対し、信頼性の高いクラウドサービス、
データセンターサービスが提供出来るとしています。