タイのガソリンスタンド大手、PTGエナジーはオートバックスと提携

タイのガソリンスタンド大手、PTGエナジー(PTG)社は、
自動車部品・修理・メンテナンス大手のオートバックス社と
提携します。
オートバックス社のタイ現地企業サイアム・オートバックスに
PTGエナジーが増資分を出資します。

サイアム・オートバックス社はサハ・グループとの合弁企業で、
サハ・グループは継続して出資を行います。

PTGエナジー(PTG)社はタイ証券取引所(SET)に2013年上場しました。
2016年度業績は売上649億2600万バーツ、純利益10億7300万バーツと
好調でした。
タイ全土でPTマークブランドのガソリンスタンドを展開していますが、
ガソリン自動車から電気自動車へのニーズ移行にも注目していて、
5年後には非石油事業収益が25%、石油事業収益が75%となる
予定です。

ガソリンスタンド店舗数は2016年9月末時点で1407箇所に
増えています。
ライバル他社では最大手のタイ国営石油PTTが1758カ所、
バンチャーク石油(BCP)が1062カ所、エッソが537カ所、
シェルが499カ所、カルテックスが363カ所となっています。

子会社にはPTG Green Energy社などのリサイクルエネルギー
開発企業があります。
また、カフェ事業、ミニマート事業などにも積極的に
投資していく方針です。