タイの携帯キャリア大手、アドバンスド・インフォサービスがソフト開発支援強化

タイの携帯電話キャリア大手、アドバンスド・インフォサービス
Advanced Info Service(ADVANC)社では、業界のプラット
フォームプロバイダーを目指し、破壊的な技術を提供することで
事業変革を目指しています。

同社は新しい技術プラットフォームを提供するソフト開発支援施設を
発表しました。
共通利用できるアプリケーションプログラミングインターフェイス
(API)のシステムプラットフォームを、新興企業・大手企業双方に
提供します。

AIS Playgroundと呼ばれる同施設はスタートアップ企業と事業を
結ぶ場所を提供します。
クラウド、モビリティ、ビッグデータ、IoT(Internet of Things)、
ロボット工学、人工知能(AI)、ブロックチェーン、拡張現実(AR)技術
などを挙げています。

同施設はAIS Design Centre内(Emporiumデパート内)に
設けられています。
既にAIS社によって12のAPIが開発されており、テストシステムを
利用出来ます。
また、世界の大手IT企業Google、IBM、Microsoft、Amazon Web
Services(AWS)等とも協力してスタートアップが利用しやすい環境を
整えます。

アドバンスド・インフォサービスAdvanced Info Service
(ADVANC)社の2017年上半期業績は売上783億2100万バーツ、
純利益149億700万バーツとなっています。