タイ、バンコクの東南部に位置する大規模国際展示場で新施設開業

タイ首都バンコクの東南部に位置する大規展示場のバンコク国際貿易
展示場Bangkok International Trade and Exhibition 
Centre(通称バイテックBITEC)は2017年に新施設、
Bhiraj Convention Centreを開業します。

同施設はタイの不動産ディベロッパー、ピラットブリ・グループ
Bhiraj Buri Groupが手掛け、大規模な国際展示、研修施設、
大型パーティ、結婚式などが開催できるホテル、オフィス、
会議室などを多数備えています。
3,574平方メートルの床面積があり、3つの巨大ホール、
最新技術を取り入れた12の会議室が完成しました。

タイのコンベンション&エキシビションビューロー(PETB)の
2020年までのロードマップに沿い、より多くのタイ国内・国外来場者を
獲得する戦略で施設拡張に大規模投資を行いました。

ピラットブリ・グループBhiraj Buri Groupはバンコク中心部
スクンビットのプロンポン駅前でも開発を行い、2016年に開業した
ピラット・タワーBHIRAJ TOWER at EmQuartierはグレードAの
高級オフィスとして運営しています。

同社グループはオフィス開発をメインとしています。
第1号プロジェクトのUnited Business CentreI(UBC I)を
サトーン通りに建設し、その後、スクンビット通りソイ33に
United Business CentreII(UBCII)を開発、2000年に入ってからは
高級オフィス開発を進めています。