タイのデジタル広告協会は2017年度の支出が122億バーツと予測

タイのデジタル広告協会
Digital Advertising Association of 
Thailand(DAAT)によると、2017年のデジタル広告支出は
2016年94億7000万バーツ(前年比+17%)から
さらに増加し、+29%増の122億バーツになると予測しています。
タイではコストが低く幅広い消費者へアプローチが出来るため
デジタル広告への支出が年々増加しています。

2016年の上位広告業界のカテゴリーには、コミュニケーション分野、
ノンアルコール飲料分野、スキンケア製品分野、自動車分野が
ありました。
2017年の上位広告出稿カテゴリーには、消費者へのブランド認知を
高めるために上記4つのカテゴリーが同様に増えていくと
分析しています。

2017年は既存メディア、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの
伝統的メディアのほかに、消費者はよりデジタルメディアに触れる
機会が増え、デジタル広告の優位性が高まるものと分析しています。
2017年上半期のタイのデジタル広告支出は、前年同期比28.5%増の
47.3億バーツとなりました。

タイ人はほぼ毎日ソーシャルメディア利用に多くの時間を費やしており、
一部ではコンテンツを作り共有もしています。
そのため広告主はソーシャルメディアとの関わりを強く支持したいと
考えています。
タイ人の80%以上が毎日インターネットを利用し、平均的なインターネット
ユーザーはモバイルデバイス利用に1日4時間、パソコンでは1日5時間を
費やしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。