タイのデジタル広告協会は2017年度の支出が122億バーツと予測

タイのデジタル広告協会
Digital Advertising Association of 
Thailand(DAAT)によると、2017年のデジタル広告支出は
2016年94億7000万バーツ(前年比+17%)から
さらに増加し、+29%増の122億バーツになると予測しています。
タイではコストが低く幅広い消費者へアプローチが出来るため
デジタル広告への支出が年々増加しています。

2016年の上位広告業界のカテゴリーには、コミュニケーション分野、
ノンアルコール飲料分野、スキンケア製品分野、自動車分野が
ありました。
2017年の上位広告出稿カテゴリーには、消費者へのブランド認知を
高めるために上記4つのカテゴリーが同様に増えていくと
分析しています。

2017年は既存メディア、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの
伝統的メディアのほかに、消費者はよりデジタルメディアに触れる
機会が増え、デジタル広告の優位性が高まるものと分析しています。
2017年上半期のタイのデジタル広告支出は、前年同期比28.5%増の
47.3億バーツとなりました。

タイ人はほぼ毎日ソーシャルメディア利用に多くの時間を費やしており、
一部ではコンテンツを作り共有もしています。
そのため広告主はソーシャルメディアとの関わりを強く支持したいと
考えています。
タイ人の80%以上が毎日インターネットを利用し、平均的なインターネット
ユーザーはモバイルデバイス利用に1日4時間、パソコンでは1日5時間を
費やしています。