タイのシンハー・エステイトの巨大投資プロジェクトに関して

タイでビール財閥の一角を占めるシンハーグループの不動産部門
シンハー・エステイトSingha Estate(S)社では、
2018年の計画としてホテル、オフィス、工業団地、
倉庫などの商業用不動産、住宅用プロジェクトの開発を
さらに進める計画です。

2017年~2020年の間に550億バーツ以上を投資する予定であると
最高経営責任者Naris Cheyklin氏がコメントしました。
本事業計画は既に進んでおり、2015年~2020年の間に同社が
投資する総額1,000億バーツの中に含まれています。

計画にはイギリスでのホテル関連ホスピタリティ事業買収、
モルディブでのリゾートプロジェクト開発、
バンコク都内Sun Towerオフィスビル買収、
住宅開発プロジェクトEsse Sukhumvit 36への投資などが
含まれます。

同社は2015年~2017年8月末までに500億バーツの投資予算を
費やしています。
新しく費やされる550億バーツの投資予算は、50%はタイ国内の
ホテル事業へ投資、20%はオフィスビル開発、30%はタイの
住宅開発プロジェクト開発に投資します。
これらの計画の一環として2017年第4四半期には
バンコクのサンティブリーレジデンスを開発するために
49億バーツが費やされました。

また、現在あるオフィスビル賃料スペース60,000平米を
200,000平米まで増加する予定です。
これ以外にもVibhavadi Roadにおいて新しいオフィススペースを
開発します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。