タイの小売商業店舗チェーン大手、テスコロータスは生鮮食料品に注力

タイの小売商業店舗チェーン大手、テスコロータスTesco Lotus社は
新鮮で手頃な価格の野菜・フルーツにフォーカスし消費者へ提供する
戦略を掲げ、”Fresh@Heart”キャンペーンを発表しました。
また、バンコクのスクンビットソイ50にある改装した旗艦店の
アピールとともに同等規模の5店舗を改装していきます。

同社は2017年に生鮮食品部門を改善するための戦略を
強化しています。
店舗販売されている生鮮食品の品質を高めるため、調達、梱包、
流通から店内向けのディスプレイまで、生鮮食品のサプライチェーン
全体を包括的に改善します。

過去3年間で同社の生鮮食品への投資は100億バーツに達しました。
テスコロータス社の顧客の主な関心は、製品品質、ショッピング体験、
手頃な価格にあるとしています。

テスコロータス社は1994年よりエカチャイ・ディストリビューション
システムEk-Chai Distribution System社によって運営されています。
当初はタイ財閥CPグループが開始しましたが、
1998年にはアジア通貨危機の影響で英国テスコ・グループが出資をし、
現在の名称に変更されました。
2003年にCPグループは同社株式の大半を売却しています。

同社はTesco Lotusの5つの店舗形態として、大型店舗Extra、
ハイパーマートHypermarket、大型商業施設Department Store、
低価格スーパーTalad、 コンビニ型のExpressで展開しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。