タイの複合商社、ロクスレーの子会社がトラック運転練習センターを開業

複合商社、ロクスレーの子会社がトラック運転練習センター開業を
発表しています。
子会社のロクスレー・シミュレーションテクノロジー
Loxley Simulation Technology(LoxSim)社は、タイで初めての
ヨーロッパ標準6DOFフルキャビン大型車運転シミュレーションセンター
として、安全運転練習や事故回避などを学ぶ施設を開設しました。

同施設の運転シミュレーションセンターは、特別車、大型車などの
運転訓練と交通安全のための集中的な研究開発に活用されます。
またノルウェーのドライビングシミュレーション技術AutoSimを採用し
様々なプログラムを導入しています。
ロクスレー・シミュレーションテクノロジー(LoxSim)社は
タイ国内・ASEAN各国での独占販売権を保有しています。

同社はタイの上場企業で、複合商社ロクスレーLoxley(LOXLEY)の
100%子会社であるLoxley Orbit社が株主です。
施設場所はロクスレー本社のバンケンオフィスに設置されています。
シミュレーター設備や関連するインフラストラクチャに
3,000万バーツ以上を投資しました。
運転シミュレーターは運転手の技能訓練のために様々な重機、
タンクローリー、トラック、セミトレーラーなどあらゆる種類の
車両に対応しています。