タイ政府は電子商取引市場のさらなる拡大を目指す

タイ政府は、電子商取引市場のさらなる拡大を目指し
振興策を検討しています。
タイ商業省のEC委員会は5カ年EC計画の草案を承認しました。
同省ではタイのEC市場について年平均20%増を目指し、
2021年までに同市場を5兆バーツ規模へ成長させたいと
しています。
2016年度の電子商取引市場は2兆5200億バーツでした。

同省ではEC市場拡大と同国競争力強化に向けて、
地場EC企業や国境を越えたECビジネスも拡大させたい考えです。
そのために物流網の整備、通関手続き迅速化なども進めて
いきます。

タイ商務省では同国の中小企業200万社のうちEC事業を一部導入・
実施している企業は50万社と想定しています。
今後、農業事業や地方企業のEC化を進めて行きたいとしています。

さらにBtoC事業分野として、企業が消費者へ販売・サービス提供
する取引額を2016年の4750億バーツから9000億バーツまで
伸ばしていきたい考えです。