タイ南部トラン県の私立病院、ワタナパート・ホスピタル・トランが上場

タイ南部トラン県で私立病院を運営するワタナパート・ホスピタル・
トランWattanapat Hospital Trang(WPH)がタイ証券取引所
(SET)一部市場のサービスセクター病院部門に上場しました。
これによりタイ証券取引所上場の病院は20社となりました。

近年では2016年にエカチャイ・メディカルケアEkachai Medical
Care(EKH)やラチャニー・ホスピタルRajthanee Hospital(RJH)、
2017年にラチャプルック・ホスピタルRatchaphruek Hospital
(RPH)等が上場しています。

Wattanapat Hospital Trang(WPH)は1957年設立の病院で
トラン県、クラビ県、パッタルン県などで展開し、120床以上、
高度な技術と医療専門知識を誇っています。
法人契約の患者や外国人観光客、そして一般市民のケアを
行っています。

調達した資金は5億6500万バーツで、同資金でクラビのアナノン地区に
59ベッドの病院を建設予定、また、トラン地区では212ベッドへ
拡張予定としています。
2016年の売上は5億4200万バーツ、
純利益7200万バーツとなっています。