シンガポール航空利用者はGRABアプリも利用可能に

シンガポールのフラッグ・キャリアであるシンガポール航空
(SIA)とシェアライドサービスのGRABは、タイ、インドネシア、
マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムの
各空港を利用する顧客の利便性を高めるためアプリを
統合しています。

シンガポール航空(SIA)の顧客は、SingaporeAirモバイルアプリを
使用し、GRABの乗り物を予約できるようになりました。
出発日の7日前まで予約可能です。
空港は目的地として自動的に表示され、ユーザーはピックアップ
ポイントと希望時間を入力するだけです。

グラブ社が提供するGrabRewardsポイントとシンガポール航空の
KrisFlyerマイルは相互に交換することができ、このパートナー
シップの下で顧客は新たなメリットを享受出来るとしています。

現在、GRABのサービスはASEANを中心に7カ国100都市以上で
利用可能です。
シンガポール航空は5大陸30ヵ国以上60都市に運航しています。
2016年度業績は売上152億3900万Sドル、純利益8億400万Sドルでした。