タイのPTTグローバルケミカルはアメリカ生産工場を建設計画

タイのPTTグループ傘下のPTTグローバルケミカル
PTT Global Chemical(PTTGC)は、アメリカでの事業拡大、
生産工場の建設計画を発表しています。

同社CEOのSupattanapong Punmeechaow氏は、
子会社のPTTGC Americaが追加投資を進めることを選択した場合、
企業の社会的責任プログラムに協力するJobsOhioとの覚書を
締結した後、事業拡大に関する調査を開始すると述べました。

JobsOhioは米国の雇用創出と新たな設備投資を促進する
非営利団体です。
PTTグローバルケミカル(PTTGC)社の石油化学コンプレックス
プロジェクト調査はアメリカ国内で2018年までに完了される
としています。

同プロジェクトは事前調査の結果やパートナーとの協議によって
進出を決定するとしていて、2018年内に確定する予定です。
決定した場合は約2,000億バーツ(57億USドル)を必要とします。
プラントは年産100万トンのエチレンを生産する能力を保有します。

PTTグローバルケミカル(PTTGC)社は石油化学最大手でタイ最大の
エネルギー企業PTTグループの子会社です。
精製された石油製品としてエチレン、プロピレン、ポリエチレン、
バイオケミカルや、石油燃料なども生産しています。
液化石油ガス(LPG)、航空燃料など幅広い石油化学製品を扱う
大手企業です。
2016年度業績は売上3530億3600万バーツ、
純利益256億100万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。