タイコム社はCS Loxinfo株式をAIS子会社に売却

タイの上場の衛星通信事業者、タイコムThaicom(THCOM)は、
ADSLプロバイダー、インターネット通信を手掛けるCS Loxinfo
(CSL)株式をAISの子会社、アドバンスドワイヤレスネットワーク
(AWN)に売却すると発表しました。
総取引額は19億5078万バーツになります。

CS Loxinfo(CSL)は、タイの有力インターネット・メディア企業の
1つです。
タイコムは子会社DTV Service社を通じて42.0%のCSLを
保有していました。

3社はすべてシンガポール系のテマセク・ホールディングス社が
親会社ですが、CSL株式をAISに売却することで関連会社の経営構造を
統合し、事業戦略を最適化するタイコムThaicom事業再編計画の
一部であるとしています。

2017年現在、タイコム社は財務上および国家通信規制上の課題に
直面しているためCSL株式の売却は運転資本・投資資金を調達する
戦略の一部になるとしています。

タイコム社(THCOM)は衛星事業、通信衛星事業を展開しています。
同社は2016年にアジア・太平洋地域、欧州・アフリカ等を受信域に
含む衛星を打ち上げています。
タイコム8号(IPSTAR 2)はタイコム4号(iPSTAR)後継機となる
高速インターネット衛星で、受信域はタイ、南アジア、アフリカを
カバーしています。
また、タイコム9号も計画中です。

同社子会社にはCSロックス・インフォ社、DTVサービス社、
ラオ・テレコム社、カンボジア・シナワトラ社などがあります。
2017年度上半期の売上は55億1100万バーツ、
純利益4億7500万バーツでした。

CSロックス・インフォ(CSL)社はインターネットデーター
センターサービス、ネット接続サービス、印刷・出版、
モバイルコンテンツサービス、イエローページなどの
広告冊子サービスなどを展開しています。
2017年度上半期の売上は14億1000万バーツ、
純利益1億5400万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。