タイの不動産開発会社、チャーン・イサラーデベロップメントの概要

タイのチャーン・イサラーデベロップメントCharn Issara 
Development(CI)は大きく3つの事業
(不動産開発、オフィスビルのリース、ホテル運営)を
展開しています。

同社はバーン・シタワン、イサラー・ラプラオ、
ISSIコンド・スクサワット、シリパンワーなど50以上の
プロジェクトを手掛けてきました。
1件あたりのプロジェクト資産額は10億バーツ以上、
合計500億バーツ以上の資産を手掛けています。

また、オフィスビルではシーロム地区ラマ4世通り前に
チャーン・イサラータワー1を建設し、ニューペッブリー通りに
チャーン・イサラータワー2を建設、それぞれ企業へ
リースしています。
ホテル事業ではプーケット県でシリパンワーを経営しています。

プーケットのリゾートプロジェクトで成功した同社はその後、
バンコクのオフィス事業、コンドミニアム事業などで
成長しました。
子会社にはCharn Issara Residence社、
Charn Issara Viphapol社、C.I.N. Estate社、
International Resources Development社があります。
2017年度上半期業績は売上9億9800万バーツ、
純利益―6500万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。