タイの不動産開発会社、チャーン・イサラーデベロップメントの概要

タイのチャーン・イサラーデベロップメントCharn Issara 
Development(CI)は大きく3つの事業
(不動産開発、オフィスビルのリース、ホテル運営)を
展開しています。

同社はバーン・シタワン、イサラー・ラプラオ、
ISSIコンド・スクサワット、シリパンワーなど50以上の
プロジェクトを手掛けてきました。
1件あたりのプロジェクト資産額は10億バーツ以上、
合計500億バーツ以上の資産を手掛けています。

また、オフィスビルではシーロム地区ラマ4世通り前に
チャーン・イサラータワー1を建設し、ニューペッブリー通りに
チャーン・イサラータワー2を建設、それぞれ企業へ
リースしています。
ホテル事業ではプーケット県でシリパンワーを経営しています。

プーケットのリゾートプロジェクトで成功した同社はその後、
バンコクのオフィス事業、コンドミニアム事業などで
成長しました。
子会社にはCharn Issara Residence社、
Charn Issara Viphapol社、C.I.N. Estate社、
International Resources Development社があります。
2017年度上半期業績は売上9億9800万バーツ、
純利益―6500万バーツでした。