2017年10月26日のプミポン前国王の葬儀に向けての動き

プミポン前国王の葬儀に向けて陸路・空路を使いバンコクに訪れる
弔問者が増加し、各輸送機関、交通インフラでは渋滞や混雑が
予想されると発表しています。

国際空港の管理を行うエアポートオブタイランドAirport of
Thailand(AOT)ではスワンナプーム、ドンムアンの各国際空港で、
10月26日の火葬に出席するためにバンコクへ出発する層が急激に
増加すると予想しています。

10月23日~31日の日程で混雑が起きる予想で、
スワンナプーム国際空港では193万席、ドンムアン国際空港では
119万席を準備しています。
同社では弔問目的の乗客数は把握出来ないとしながらも、
通常利用者数を大きく超えることを懸念しています。

タイ・エアアジア社でも2017年10月末の平均搭乗率が90-95%に
なると予測しています。
タイ政府関係者は、30万人のタイ国民が国王火葬に出席すると
推定しており、7万人による警備体制を敷くとしています。

いくつかのタイの航空会社は弔問者需要に対応し、割引運賃を
提供しています。
また、複数の商業小売企業でも、特別に休みを設けると
発表しています。
セブンイレブンを経営するCPALL社と大手小売りスーパー
マーケットのMAKRO、飲食レストランチェーンKFCなども26日を
休日に指定しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。