その他のインドネシア大手金融機関に関して

バンク・セントラル・アジアBank Central Asia(BBCA)は
1957年設立のインドネシア大手銀行です。
1997年インドネシア通貨危機の際にインドネシア政府に
国有化されましたが、その後国有化を脱却しました。
インドネシア大手4行の中でも最大の民間銀行です。
中小企業取引に強く、香港やシンガポールに海外支店を
展開しています。
1997年のアジア通貨危機で大打撃を受け、その後2000年には
再建完了しました。
大株主はハルトノ財閥の企業、ファーインドインベストメント
(モーリシャス)社などです。

国営銀行のバンク・ラクヤット・インドネシアBank Rakyat
Indonesia(BBRI)は1895年創業のインドネシアで最も古い
金融機関です。
マイクロファイナンスや中小・零細企業向けファイナンスに
強い金融機関へ成長しています。

バンク・ネガラ・インドネシアBank Negara Indonesia(BBNI)は
インドネシア政府初の国営銀行として1946年に設立されました。
中央銀行としてインドネシア政府による最初の通貨を発行しました。
商業銀行として千代田区丸の内に東京支店も設置されています。
1996年にインドネシア証券取引所(IDX)へ上場しました。
海外支店はシンガポール、香港、東京、ロンドン、ニューヨ-ク
などにあります。
子会社にはPT BNI Multi Finance(金融商品提供サービス)、
PT BNI Securities(証券業務)、PT BNI Life Insurance
(生命保険事業)があります。