タイ政府貯蓄銀行の建設業界インダストリーモニターレポート

2017年4月にタイ政府貯蓄銀行が発表した
建設業界インダストリーモニターレポートでは、
2016年度のタイ大手5社の業績と市場成長を
発表しています。

同銀行レポートでは民間投資額は緩やかな成長が続くと
分析していて、タイ政府投資によるインフラ開発、
メガプロジェクト、タイ東部経済回廊開発プロジェクト
(EEC)などが2017年の建設投資を牽引していくものと
予想しています。

2016年全体のゼネコン企業の受注済み金額は4570億バーツ、
2017年予想では業界全体では+3~5%で成長する見通しを
発表しています。

同レポート上位10社の大手ゼネコン各社の2017年上半期業績は
以下のようになっています。

イタリアンタイ・デベロップメントItalian-Thai Development
(ITD)売上257億7900万バーツ、純利益1億3500万バーツ
チョーガンチャーンCH. Karnchang(CK)
売上213億4700万バーツ、純利益9億7000万バーツ
TTCL(TTCL)
売上65億8600万バーツ、純利益6200万バーツ
シノタイ・エンジニアリング
Sino-Thai Engineering And Construction(STEC)
売上95億1100万バーツ、純利益4億9200万バーツ
ユニーク・エンジニアリング
Unique Engineering And Construction(UNIQ)
売上60億7600万バーツ、純利益4億2600万バーツ

シンテック・コンストラクションSyntec Construction
(SYNTEC)
売上44億1900万バーツ、純利益5億1400万バーツ
クリスチャン&ニールセン・タイChristiani&Nielsen
(Thai)(CNT)
売上33億6100万バーツ、純利益4600万バーツ
ナワラット・パタナカンNawarat Patanakarn(NWR)
売上42億2800万バーツ、純利益800万バーツ
パワーライン・エンジニアリングPower Line Engineering
(PLE)
売上28億8200万バーツ、純利益4600万バーツ
プレビルドPre-Built(PREB)
売上22億7900万バーツ、純利益5億2000万バーツ