タイの高級~中級コンドミニアム開発、ノーブル・デベロップメント社、企業解説

タイのノーブル・デベロップメントNoble Development
(NOBLE)社はThanakitamnuay財閥が持つ不動産開発会社で、
高級~中級コンドミニアムブランドを数多く開発しています。

広告内容でも高級物件が多いイメージを与えています。
主な開発地域はスクンビット通り地区、BTS沿線などで
高層コンドミニアムを中心に進めています。

ノーブル・デベロップメント(NOBLE)社の2016年度業績は
売上45億6700万バーツ、純利益6億8200万バーツでした。

同社は2016年度末までに合計42の住宅プロジェクトを
開発しました。
また、そのうち8つのプロジェクトは現在も開発中です。
一戸建て、タウンハウス、コンドミニアムを様々なブランド
で展開しています。

一戸建てブランドではNoble Tara Ekamai-Rama 9、
Noble Tara Ngamwongwan、Noble Tara Pattanakarn、
Noble Tara Ngamwongwan 2、Noble Wana Pinklao、
Noble WanaWatcharapol、Noble Anawana Pinklao、
Noble Geo Watcharapol、Noble Geo Rama 5、
Noble Gable Watcharapolなどがあります。

コンドミニアムはNoble Ora Condo、Noble Lite、Noble09、
Noble Ambience Sarasin、Noble Remix、Noble Solo、
Noble Reflex、Noble Reveal、Noble Reform、Noble Refine、
Noble RED、Noble Revent、Noble Remix 2、Noble Ploenchit、
Noble Revolve Ratchada、Noble Revolve Ratchada 2、
Noble Revo Silom、 Noble Recole、Noble BE33、Noble BE19
などがあります。

プルンチット駅前のNoble Ploenchitは各部屋にプライベート・リフト
を備え、平米あたり25万バーツ以上の超高級コンドミニアム物件です。
タワーA(14階)、タワーB(51階)、タワーC(45階)合計1,444戸数の
巨大プロジェクトで2017年5月に竣工しました。