BTSレールマストランジットグロースインフラストラクチャーファンド(BTSGIF)について

BTSGIF(BTS Rail Mass Transit Growth Infrastructure 
Fund)はタイ証券取引所上場のインフラストラクチャーファンドです。

同ファンドはスクンビット線とシーロム線を含む
バンコク・マス・トランジット・システム(BTSC)が
経営するスカイトレインシステムなどに投資しています。
2017年10月時点の時価総額は682億9800万バーツ、
株価は11バーツ前後です。
2015年度の配当率は5.94%、2016年度の配当率は6.12%でした。

同ファンドはバンコク都内を運行する高架電車BTSスカイトレイン
の運賃収入を証券化して上場しました。
2013年4月に公募され、タイのインフラファンドIPOとしては
過去最大規模の625億バーツを調達しました。

タイでは大量輸送交通機関以外にもインフラ建設が必須と
なっています。
タイ政府は2012年に財政面制約のため民間資金活用を検討、
資金調達の新しい手段として上場インフラのシステム導入を
決定しました。
鉄道、電力、通信などのプロジェクトが投資対象となり、
2017年時点で5つの銘柄ファンドが上場しています。
時価総額合計は2300億~2400億バーツとなっています。
鉄道インフラ:BTS RAIL MASS TRANSIT GROWTH
INFRASTRUCTURE FUND(BTSGIF)682億バーツ
電力インフラ:AMATA B. GRIMM POWER POWER PLANT
INFRASTRUCTURE FUND(ABPIF)51億バーツ
通信インフラ:DIGITAL TELECOMMUNICATIONS
INFRASTRUCTURE FUND(DIF)853億バーツ
通信インフラ:JASMINE BROADBAND INTERNET INFRASTRUCTURE
FUND(JASIF)660億バーツ
電力インフラ:NORTH BANGKOK POWER PLANT BLOCK 1
INFRASTRUCTURE FUND(EGATIF)223億バーツ

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。