タイの不動産大手、サンシリはマハナコン・プロジェクトでペース社と事前購入交渉契約

タイ不動産大手、サンシリSansiri(SIRI)はMaha Nakhon
マハナコン・プロジェクトについてペース・デベロップメント
Pace Development(PACE)社との覚書に署名しています。

ペース社が開発してきたNitit Lang Suanプロジェクトと、
MahaNakhonプロジェクト内のリッツ・カールトンレジデンス・
バンコク53戸数分の購入事前交渉契約を結びました。

タイ証券取引所への報告書によると、Nimit Lang Suan
プロジェクト資産とザ・リッツ・カールトン・レジデンス・
バンコク・プロジェクトの暫定的なマンション資産購入条件は、
デューディリジェンスが行われた後に資産購入交渉する
独占的権利を与えられるとしています。
デューディリジェンスはMOU実施日から60日以内に判断されると
しています。

マハナコン・プロジェクトはバンコク中心部ビジネス街の
サトーン・シーロム地区、チョンノンシー駅に直結する場所で
建設されています。

ビル外壁デザインが特徴的で階下にはDEAN&DELUCAなどの
高級店舗が入る商業施設や、タイ国内で最も高いコンドミニアム
として販売されるリッツカールトン・レジデンスThe Ritz-Carlton
Residencesが入居しています。
マハナコン・ビルディングは77階建てで高さ314mと、
2017年9月時点でタイ国内最高峰の高さがあります。

ペース・デベロップメントPace Development(PACE)社は
タイの中堅不動産開発企業で、不動産開発、ホテル開発、
外食チェーンなどを展開しています。
住宅開発プロジェクトではFicus Lane、Saladaeng Residences、
Mahanakhon、MahaSamutrなどを手掛けています。
子会社にはYLP社、Pace Country Club社、PACE Food Retail社
などがあります。
2017年度上半期業績は売上139億3100万バーツ、
純利益47億3400万バーツでした。