シンガポールを拠点とするタクシーアプリのGrab社は10億回利用を突破

シンガポールを拠点とする東南アジアの主要なオンデマンド
輸送およびモバイル決済プラットフォームであるグラブ社
Grab Incは、東南アジア全域で10億台の利用数を突破したと
発表しました。

同社はシンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、
タイ、ベトナム、ミャンマーなど東南アジア7カ国で展開、
2017年10月に10億利用者数を突破し、東南アジアにはさらなる
成長余地があると感じています。

タイ国内ではモバイルアプリによる決済サービスも導入する
予定です。
既にシンガポール、インドネシアなどでは導入済みです。
現金をチャージしておき、デリバリー、配車サービスなどで
利用可能になります。
対象サービスは今後増やしていく予定です。

Uber社とBCG社による調査では、バンコクは東南アジアトップ
クラスの渋滞都市であり、ジャカルタ、マニラよりも激しい
渋滞であると報告されています。
同調査は、香港、シンガポール、台北、クアラルンプール、
バンコク、ホーチミン、ジャカルタ、マニラ、ハノイ、
スラバヤを対象としました。

バンコクでは1日当たり96分も渋滞の影響を受けています。
72分が渋滞によるもの、24分は駐車場の探索としています。
また、バンコク住民の82%が、Uberのような乗車シェアリング
サービスが自動車所有の代用として有益だと考えていると
しています。