タイの野菜ジュース飲料大手、マリー・グループはキノ・インドネシアと提携

野菜ジュース飲料大手、マリー・グループMalee Group
(MALEE)はインドネシアの大手消費材メーカー、
キノ・インドネシアPT Kino Indonesia(KINO)社と
提携を発表しました。
国際的マーケットのプレゼンスを高めていくのが狙いです。

2016年フィリピンでのMonde Malee Beverage Corporation
設立に次ぎ2カ国目の投資です。
タイ国内ではMalee Kino Thailand社を設立、
インドネシア国内ではPT Kino Malee Indonesia Ltdを
それぞれ設立しました。

キノ・インドネシアPT Kino Indonesia(KINO)社は
インドネシア国内消費材メーカーで、ベビー用品、食品、飲料、
医薬品、洗剤、柔軟剤、芳香剤などを幅広く手掛けています。
1999年設立でインドネシアのバンドンに本社を置いています。
2016年度業績は売上3兆4930億ルピア、純利益1810億ルピアでした。

パーソナルケア、飲料、食品、医薬品などのブランドではAbsolute、
B&B Kids、Eskulin、Ellips、Master、Ovale、Sleek Baby、
Cap Kaki Tiga、Cap Panda、Chocofun、Tampico、Panther、
Segar Sari、Kino Candy、Snackit、Sashaなどがあります。
インドネシアは2億6000万人の人口を抱え中間所得層が著しい成長を
示し、GDP成長率は平均5%以上で成長しています。

マリー・グループはフルーツ・野菜飲料分野で豊富なノウハウを
提供して新製品開発を行い、大手パートナーとのコラボレーション
を強化し、国内外の販売チャネルを拡大します。
2016年同社はMalee Sampran社からマリー・グループ
Malee Groupへ社名変更しました。
2021年までに健康関連飲食事業成長のため15億バーツを使う
計画を発表しました。

マリー・グループの売上の約57%は国内市場に由来し、
残りはカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、
米国など40カ国へ輸出しています。
2016年度業績は売上65億7800万バーツ、
純利益5億3000万バーツでした。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。