タイの衣料小売店大手、プラチナム・グループは業績好調

タイの衣料小売店大手、プラチナム・グループは好調な業績を
発表しています。
2017年2017年1月~9月期の売上は前年同期比+10%増の
15億1400万バーツ、純利益は前年同期比9%増の
5億6800万バーツでした。

同社は既存開発済み物件と新規プロジェクトの管理効率化により
年間売上高は20億バーツまで伸び、2017年第4四半期業績
見通しも良い方向になると予想しています。

好調の背景にはテナント賃料収入が伸びたことを挙げています。
また、食品、飲料事業、ホテル事業からの収益も好調でした。

同社は経営する大型商業施設、プラチナム・ファッションモール
Platinum Fashion Mallの賃料引き上げを実施し、男性用衣料と
女性用衣料ゾーンをそれぞれ追加、また、6階を化粧品、
携帯用アクセサリー、観光客向けお土産と分けることでさらに
集客数を伸ばしています。
プラチナム・ファッションモールを訪れる観光客の数は
2017年に15%増加する見通しです。

同社は、新しいナイトマーケットを開業しています。
タラート・ネオン・ダウンタウンTalad Neon-Down Townは
ペッチャブリー地区23-29で16:00~23:00PMまで毎日
開業しています。

ホテル事業ではノボテルバンコク・プラチナム・プラトゥーナム
ホテルが17年2017年1月~9月期に稼働率90%を達成し、
さらに収益を上げました。