タイの緑茶飲料大手、イチタンは砂糖減量飲料開発を進める

タイの緑茶飲料大手、イチタングループIchitan Group
(ICHI)では、砂糖を減らした飲料開発を進めると
しています。
イチタングループは2018年に向けて砂糖消費を抑えた
新製品開発をしており、砂糖税による値上げや利益下落を
避けたいと考えています。

会長のTan Passakornnatee氏は、同社飲料製品の
30~40%は糖分含有率の高い飲料に分類される可能性が
高いとし、砂糖税の影響を抑えるため砂糖・糖分含有量を
減らした飲料開発を進めます。
砂糖税負担は1瓶あたり6サタン~10サタン上昇と見ています。

加えて、タイ国内のペットボトル飲料市場は飽和しており、
競争が激しくなっていることを鑑みて海外輸出比率を増やす
考えです。
2017年の22%から、2018年には25%まで引き上げていく
計画です。

イチタングループIchitan Group(ICHI)の2016年度
業績は売上52億6600万バーツ、純利益3億6800万バーツ、
2017年1月~9月期業績は売上44億700万バーツ、
純利益2億2100万バーツでした。
2018年の売上高は68億バーツ~70億バーツになると
予測しています。
輸出品は砂糖税から免除されるため、新製品を発売する
とともに中国やミャンマーなどの新しい市場へ輸出する
計画を検討しています。

イチタングループ(ICHI)はオイシ(OISHI)社の創業者、
Tan Passakornnatee氏が立ち上げた企業で、
緑茶販売、ペットボトル飲料、エナジードリンクなどの
飲料大手となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。