タイの屋外広告看板、プランBメディアはフィリピンの同業他社へ出資

屋外広告看板を手掛けるプランBメディアPlan B Media
(PLANB)社では2017年9月にフィリピンの同業他社へ
一部出資することを発表しています。

フィリピン企業のJKJ Media Services Inc社へ、
プランBメディア子会社Master Standard Display社を通じ、
およそ33%分、2億1600万ペソを出資します。
同じくフィリピンの広告看板会社MJS Trading Inc.へも
同様に子会社、Master Standard Display社を通じておよそ
30%分、1億4400万ペソを出資します。
同社は近年、ラオス企業へも出資するなど積極的なアセアン諸国
投資を開始しています。

プランBメディア(PLANB)社は主に屋外広告看板、バンコク路線バス
や地下鉄の車体・車内広告、高架道路沿いの屋外広告などを
手掛ける広告代理店です。
2015年にタイ証券取引所へ上場しました。
近年は「動くコマーシャル」へ注力し、サイアムパラゴン前や
スワンナプーム空港などに設置されているデジタルLED屋外広告
看板へ切り替えています。

プランBメディア(PLANB)社の2016年度業績は
売上24億4800万バーツ、純利益3億5100万バーツ、
2017年度1月~9月期業績は売上22億3100万バーツ、
純利益3億7200万バーツでした。
同様の大手看板広告企業としてAqua Corporation(AQUA)、
VGI GLOBAL MEDIA(VGI)、MASTER AD(MACO)
(VGIの出資会社)などがあります。