Trueコーポレーションはコワーキングスペース、True Digital Parkを計画

トゥルー・コーポレーションTrue Corporation(TRUE)では
2018年末までにアジア有数のコワーキングスペース
True Digital Parkを開設すると発表しています。

タイ政府が主導するタイ4.0イニシアティブに合わせ
アセアンのデジタルハブになる目標を達成するため、
約5億バーツを投資し建設します。

2017年10月に登録資本金100万バーツで開始した
True Corporation子会社のTrue Digital Park社は、
2018年末までにこの大規模コワーキングスペース開業を
目指します。
True Digital Parkは77,000平米規模、そのうち
4万平米が第1期に向け準備されており、第2期以降は
2022年に完成予定です。

建設場所はスクンビット通り101地区、BTSプンナウィティー
駅徒歩圏で、マグノリアデベロップメント社などが開発中の
高級レジデンスWhizdom101敷地内です。
ここはタイ国家イノベーション局National Innovation Agency
から認められた15のパイロット・イノベーション地区の1つです。

True Digital Parkには仕事場、学習の場、イノベーションの
ための協力スペース、起業家、新興企業、企業チームへ
開放されたスペースがあります。
さらに、ハイテク企業やスタートアップのための最先端の
オフィススペース、最新技術ツール、オープンラボ、
エクスペリエンスセンター、大規模なイベント施設や
ビジネスサービススペース、ワンストップサービスセンター
などを備えています。

通信会社の強みであるIoTソリューションや
クラウドコンピューティング、電子決済ソリューションなどの
デジタルサービスプラットフォーム、高速インターネット接続が
常備され、あらゆる種類のビジネスにサポートを提供します。