高級不動産・オフィス・展示場開発のBhiraj Buri GroupがREIT設立

高級不動産・オフィス・展示場などを開発するBhiraj Buri 
Groupは、スクンビット通りの新規複合プロジェクトに
60億バーツを調達する計画です。
不動産投資信託(REIT)を設立し新規株式公開IPOを進め、
ショッピングとビジネス取引のランドマークにすることを
目指しています。

タイ証券取引所証券取引委員会に出された報告書によると、
Bhiraj Office Leasehold REIT(BOFFICE)はEmQuartierの
Bhiraj Towerなどを証券化し、スクンビット通り商業地区の
グレードAオフィスビルに投資するスキームです。
2017年11月に証券取引委員会に提出され承認待ちと
なっています。

Bhiraj Towerは2015年3月にレンタルサービスを開始し、
17年9月末占有率98.7%、総賃貸面積49,700平米、
8,000名以上の従業員を抱えています。
外国企業のテナント比率は80%、タイ国内企業は20%です。
レンタルスペースは130~2,000平米、レンタル価格は
1平米あたり850~1,200バーツです。
契約に沿ってレンタル価格は3年ごとに改定されます。

REITから調達した資金はSummer Lassaleプロジェクトなどの
スクンビット通りビジネス地区で複合プロジェクトに投資する
予定です。

Bhiraj Buri Group社はルアン・バサ・ビラLuang Bhasa
Bhiraj氏によって設立されました。
ハーバード・ロースクールとイェール大学で教育を受けた
ルアン・バサ・ビラ氏は家族の不動産事業に携わり多くの
土地取引を手掛けました。
第二次世界大戦後には娘のキャサリン・ブバ・ブリ氏が
英国での教育から帰国し不動産事業に加わりました。

1970年にはUnited Business CenterI(UBC1)を
サトーン通りで開発。
1992年にはスクンビット通りにUnited Business CenterⅡ
(UBC2)を開発。
1997年にはBangkok International Trade and Exhibition
Centre(通称BITEC)を開業。
2000年代に入り大規模なオフィス商業複合施設を次々と
開発しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。