PHキャピタル社はピザハットを200店舗へ拡大する方針

PHキャピタルPH Capital社(未上場)は、今後4年間で10億バーツを
かけてピザハットPizza Hut店舗を200店まで拡張することを
発表しました。
タイ国内のピザハット事業規模を倍増することで拡大と成長を
進めるとしています。

2017年6月にPHキャピタル社の取締役、Ausana Mahagitsiri氏は
同社がYum! Brands社からタイのPizza Hutフランチャイズ権を
取得したことを発表し、92のピザハット店舗と2,000人以上の
スタッフを譲り受ける手続きを完了しました。
PHキャピタル社はタイ・ピザハットの独占的なフランチャイジーと
なりました。

PHキャピタル社は、タイの海運大手企業トレセンタイ・エージェンシー
Thoresen Thai Agencies(TTA)社が70%以上の株式を保有しています。
残り30%の株式はPMキャピタル社で、こちらはMahagitsiriファミリー
が運営しています。
同社はグローバルな食品飲料の管理を得意としています。

2017年までに108店舗へ増やし、2018年までにさらに30店舗を拡大する
方針です。
地方のウドンタニ県、ウボンラチャシマ県、チャンタブリー県、
パトムタニ県などへも同ブランドを広げたい考えです。

今後3~4年以内にタイのピザハット総数を200店舗まで達する目標を
掲げています。
ピザハット店舗約80%はバンコクに、20%は郊外・地方の県に
位置しています。
同社は店舗数拡大のために新しい進出地域を募集しています。