タイ証券取引所によるSETアワード企業の発表

タイ証券取引所(SET)は「SET Awards 2017」イベントを
開催しました。
毎年行われる表彰では、21社の上場企業から22名の受賞者を
発表しました。

エネルギーセクターで上場しているガソリン・天然ガス小売販売の
PTGエナジーPTG Energy(PTG)社CEO、ピタック・ラチャキット
プラカーンPitak Ratchakitprakarn氏はSET上場企業ベスト
CEOアワード賞を2年連続で受賞しました。

同社はガソリンスタンド、潤滑油販売、LPG販売などを手掛けていて、
ガソリンスタンドの分布はタイ東北33%、タイ北部22%、タイ南部14%、
タイ西部7% 中部17%となっています。
タイ全土でPTマークブランドのガソリンスタンドを展開していますが、
ガソリン自動車から電気自動車へのニーズ移行にも注目しています。
店舗数は2016年9月末時点で1407箇所に増えています。

エンジニアリングのプロジェクトプランニング・サービス
Project Planning Service(PPS)社CEOであるPrasong Tharachai氏は、
タイ二部(MAI)上場企業内で受賞しました。
同社はタイ国内の有力なエンジニアリング専門会社の1つで、
民間部門と公共部門の両方にエンジニアリングと建築サービスを
提供しています。
スワンナプーム空港、ランスアンビレッジ、アイコンサイアム、
チュラロンコン大学など数多くのプロジェクトを手掛けています。

美容飲料大手、サッペSappe(SAPPE)社のCEOである
Piyajit Ruckariyapong氏はYoung Rising Star CEO賞を
受賞しました。
同社は2014年に新規上場し美容飲料、清涼飲料などを
タイ国内で製造販売すると同時に、海外50カ国以上に
輸出しています。

The Best Innovative Company賞は超高分子量ポリエチレン
プロジェクトを手掛けたタイの大手製油・石油化学企業、
IRPC(IRPC)社と、カプセル化技術を導入したS&Jインターナショナル・
エンタープライズS&J International Enterprises(S&J)の
2社が受賞しました。

2017年は一部(SET)上場企業が14社、二部(MAI)上場企業が2社、
証券会社3社、資産運用会社1社、財務アドバイザリー1社、合計で
21の上場企業が表彰されました。