タイの広告事業大手、VGIグローバルメディア社はマレーシアの広告会社へ出資

タイのBTSグループ・ホールディングス(BTS)傘下の広告会社である
VGIグローバル・メディア(VGI)は、マレーシアで屋外広告事業を
手掛けるPuncak Berlianプンチャック・ベルリアン社に25%を
出資すると発表しました。
出資額は1億523万バーツとしています。

プンチャック社はレッドベリーRedberry Sdn Bhd社の子会社で、
メディア、広告事業などを展開しています。
レッドベリー社はTVメディア、新聞メディア、空港内広告、
小売店内広告などを手掛けます。
マレーシア国内の第2位のOOHメディアエージェンシーで、
多様な広告プラットフォーム(空港内、大量輸送機関内、
オフィスタワー内、映画館内など)を有しています。

またVGIは、マレーシアの主要屋外広告会社3社との合弁で
チタニアム・コンパスTitanium Compass Sdn Bhdを設立します。
10年間の広告プラットフォーム管理契約を取得することで、
マレーシア広告市場でのプレゼンスを高めるとしています。

2017年年末までに第1段階を開始し、2017年中頃までに稼働する
予定です。
SBKラインは51Kmあり、31のMRT駅と58の列車があります。

主要会社3社は屋外広告大手Puncak Berlian、
大手メディア出版社Utusan Airtime、看板大手Ikatan Asliです。
Ikatan Asli社はマレーシア全域で2,400以上の広告掲示板、
スクリーンなどを運営しています。
チタニアム・コンパス社はVGIが19%、Puncak Berlianが51%、
Utusan Airtimeは20%、Ikatan Asliが10%保有します。