タイの贈答品市場は第4四半期・2017通年も好調の見通し

タイでは年末に贈答品を贈る習慣があり、大手企業や富裕層を
中心として市場規模は240億バーツとされています。

商品価格は300バーツ台~1500バーツ台以上までと幅広く、
健康食品、コーヒー、飲料、果物、調味料など日常的に
使われるものを詰め併せて贈るのが一般的です。

タイ贈答品協会では17年度第4四半期のギフト市場はより
好調となり、年間市場規模は240億バーツに上昇すると
予測しています。

セントラルやモールグループなどの高級デパートを
はじめとして、中間層向け小売店のテスコロータス、BIGC、
コンビニエンスストア各社などでは毎年この時期になると
専用コーナーを設けて販売しています。

NCC Exhibition Organizer社ではこの時期に合わせて
“Gift Fest by Thailand Bestbuys”を開催し、
最大70%割引で贈答品、装飾品、ITガジェット等を販売する
フェアを行います。

毎年開催される同イベントは消費者の行動傾向に対応し、
スタイルを変えており、2017年は「クリスマスと新年に
特別な人へのプレゼント」を掲げ、12月13日~17日
開催予定です。
また、配送にはタイの大手宅配業者、Kerry Express
ケリーエクスプレスと協力します。
同イベントではおよそ1億5000万バーツ以上が販売され、
5日間で合計12万人以上の訪問者が訪れることを
期待しています。